ローコスト住宅ならマイホームも夢じゃ無い

住宅模型

住宅の構造と費用

住宅模型

木造は自由な間取りが可能

豊橋で新築を購入するときには住宅の基礎知識を知っておく事で、失敗することを防ぐ事ができます。豊橋で建てられている新築の構造と種類としては、木造と鉄骨造、鉄筋コンクリート造があります。木造住宅の特徴としては鉄やコンクリートよりも軽いため、建物の構造にかかる負担が少なく、加工がしやすいため自由な間取りが可能です。豊橋で建てられている新築の多くが木造住宅で、木造軸組工法と耐力壁を使った工法の2種類があります。鉄骨造は住宅の主要な部分に鋼材を用いた構造になっており、豊橋の新築には軽量鉄骨が使われることが多いです。軽量鉄骨は強度が強く品質が安定していますが、錆に弱いため鋼材を住宅の構造に使うときには、錆止めの処理をしっかり行います。鉄筋コンクリート造は耐震性や耐火性に優れており、設計の自由度が高い特徴を持っています。豊橋の新築では予算にゆとりのある注文住宅を建てるときに、鉄筋コンクリート造の住宅を採用することが多く、災害に強い家になります。豊橋で注文住宅で新築を建てようとした場合、必要になる費用は本体工事費と別途工事費、諸経費になります。本体工事費は総費用の7割程度を占め、家を建てる工事費のほとんどが含まれています。別途工事費は解体費用や敷地の調査費用、地盤改良費用やガスと給排水の配管工事費用などです。諸経費は新築に入居するまでの仮住まいをする費用や、引っ越し費用や地鎮祭の費用です。豊橋で新築を建てる場合には、本体工事費だけでなく、色々な費用が必要になるため、計画的に予算を立てることが大切です。

Copyright © 2017 ローコスト住宅ならマイホームも夢じゃ無い All Rights Reserved.